LOCAL SHARE CLUB
地域の「眠る財産」に気づくところから始めよ!他所から取り寄せる前に、まずは掘り起こすことが重要
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

地域の「眠る財産」に気づくところから始めよ!他所から取り寄せる前に、まずは掘り起こすことが重要

LOCAL SHARE CLUB

こんにちは!ネクストモードの里見宗律です。

今回は、広島県尾道市で有限会社いっとくの代表と、NPO法人尾道空き家再生プロジェクトの副代表理事をされている山根 浩揮さんへのインタビュー、後編となります。

前編では、山根さんの尾道での取り組みや地域としての魅力について、ざっくばらんに語っていただきました。後編となる本記事では、コロナ禍以降の地域としての変化や、これからの未来に向けた考えなどについて、お話を伺いました。

ぜひ、最後までご覧ください!

》前編記事はこちら

インタビュー対象者
インタビュアー&記事を書いた人

みんな、ちょっとずつ「いいお節介」がある

<天寧寺三重塔越しの尾道と尾道水道>

里見
先日、尾道の「SINGAI CABIN」というところに泊まったのですが、いい匂いがすると言いますか、周辺の街並み含めて、写真だと伝わりにくい魅力的な空気感を感じました。中に入った時の「匂い感」みたいな、ネットじゃ分からない仕掛けが、尾道にはすごくある気がしました。

山根
志賀直哉の『暗夜行路』にある千光寺に向かう時の子どもとのエピソードからも分かる通り、みんなちょっとずつ「いいお節介」があるんですよね。僕がゲストハウスで体現したいのはそういうことです。僕らみたいなスタッフや料理を介して、仲良くなって、2件目をお勧めする。そんな、「始まりと再開の宿」という位置付けで始めたんです。

里見
SINGAI CABINに併設された飲食店「出汁と酢。DASITOSU」というお店。ここのカウンター席に座っていると、夜は色々な人が出入りしていて、お店に顔を出しているんです。人と人が自然とつながっていると感じまして、すごくあったかいんですよね。

山根
尾道という街のバックボーンにあるような、昔ながらの串揚げ屋やバーなどを紹介する。それが僕らにとっての尾道の財産を伝えることです。我がビジネスのことだけを考えて「自分の店で全部囲い込んだろ」となったら、面白くもなんともないですよ。自分のとこだけでなく、街そのものがお店みたいな視点でみたら、良いお店同士がお互い紹介し合う。そういう形が自然な姿なのかもしれないですね。

里見
地元の人を楽しませようとしているのか、それとも観光客なのか。どちらでしょうか?

山根
僕自身が別の地域に行く時は、せっかくなら地元民から愛されているお店がいいなと思っています。たまにあるじゃないですか、経済のクセが強いみたいなところ(笑)そうじゃなくて、地元の人しか行かないところの空気感はたまらない。

こんな感じで僕は、地元の人たちがどうやってファンを作るかというのをずっとテーマにしていました。それは結果的に全然変わらないですね。

里見
カスタマーサクセスじゃないですが、末長く関係を作るということですね。人とのプライスレスな出会いがたくさんあって、不思議と落ち着くお店でした。サークルの部室に居るみたいな感じで。

コロナきっかけで加速した、創業400年以上の老舗赤酢を活かしたチャレンジ

山根
一方でコロナ禍になって、売上がずいぶんと下がることに気づきました。思っている以上に、観光客にお世話になっていたということです。「こりゃ今のままじゃダメだよね」となって、それをきっかけにメニューを再考したり、インスタで発信しようとか始まったわけです。

里見
コロナが見直す一つのきっかけになったんですね?

山根
そうですね。何よりも僕自身が変容したと思うし、「コロナで変われない人は、これからどんどんと置いていかれると思うよ」と何度も言ってきました。

里見
一番大きく変わったのはどんなところですか?

山根
今後社員達にお店を暖簾分けしていく準備もすすめています。

他には事業再構築にトライさせてもらって、高額な冷凍機を買って、それを使って全国に配送できるようなEC機能を構築しました。

あとは、技術が大事だよねということで、例えば「お酢」。創業1582年、本能寺の変と同じ年にできた日本最古のお酢の醸造所(尾道造酢)が飲み屋街にありまして、そこの赤酢を広めていこうということで、コロナ前から考えていた寿司屋の出店を本格的に進めました。寿司を一つの武器にして、来年4月に高級寿司屋をオープンする予定です。

里見
それは絶対に行かなきゃです!あの赤酢、めちゃくちゃ美味いですからね。

山根
既存の赤酢だけじゃなくて、今回新たに開発した、もっと純度を高くしたプレミアムな赤酢も使います。一緒に商品開発をしていきました。そんな感じで、仲間たちとビジネスとして全国に仕掛けていく、というのを目論んでいますよ。

有限会社いっとく20期の方針:この時代をどう生きる

里見
お話を伺っていると、山根さんはモノを自分で作るのがお好きなんだな、と感じました。

山根
少なくとも「ココに眠る財産」に気づくところから始めていかないといけませんよね。自己プロデュースというか。つまり掘り起こすことが重要です。

今後、街づくりをする上で大事なことは顔のみえる関係性。尾道はまさにコンパクトシティ。歩いて楽しい街じゃないですか。

街の人同士が繋がっているのを感じられると気持ちが良い。そんな人達と繋がりたいと思って貰えるように。つまりは関係地づくりですね。

あ、もちろん街並みも面白いですよ。いまだに「毛糸屋」とかありますし、もうなくなったけど「乳母車屋」ってのもありました(笑)

里見
そういうのを見つけるのも楽しいですよね。この前見せてもらった、会社のカルチャーを冊子にしたものも、ぜひ今回のインタビューで見せてください。

山根
これですね、「いっとく学習帳」。64ページ。経営理念や大切な価値観・風土などが書いてあったり、“心技体”になぞらえた取り組みについても書いてあります。

里見
お店に行ったら見せてもらえるのでしょうか?

山根
仲良くなったらあげますよ!前回一緒に「20期の方針:この時代をどう生きる」を読みましたからね。これ、カレンダーもあって、一人ひとりの誕生日とかも書いてあるんですよ。こうすれば忘れないと言いますか、開けば分かりますよね。

里見
それ、すごくいいですね。せっかくなので最後にぜひ、書いてある「20期の方針」を朗読していただければと思います。

山根
「この時代をどう生きる。人との団欒。語り合うこと、笑い合うこと。美味しい料理と美味しいお酒がそこにあること。自分にとって生きてて良かったと思えるのは、こんなリアルな時間を過ごした時です。充実した場をお客様は待っています。期待されているんです。だが現実は、未曾有のパンデミックで経営はボロボロ。精神も…。と言いたそうなところだが、案外普通に生きています。我が有限会社いっとくも、おそらく創業以来初めての赤字決算となろう。けれど逆に考えてみれば、こんな大事でも簡単にはつぶれない会社だということも分かった。それも、これまで健全に経営してきたからだと自負しています。コロナを通して世の中の価値観や自分自身の心が変わったことを感じている。売れるから、というだけではなく、より意味を見出して、尖った挑戦をしていきたい。例えば、目的のためにコラボしていこう、ってことをやり始めている。協働と呼ぶそうだが、大和湯のオープンもそうだし、できる若者たちの思考にも関心があるし、高級寿司も。自分がこの先やってみたいことも変化してきたように思う。7月からはマサトシも社内独立。役員となる人間も出る。いっとくに眠る場を、どんどん活用してもらいたいと思う。願う。価値観が大きく変容したこの世の中で、今買われない人や会社は、いろんな意味で置いていかれるでしょう。コロナを嘆くのではなく、ここから学ぶことが大切。本もたまには読もうよ、自分自身が進化するために。我々の存在意義の一つは、お客様の期待以上のサービス、おもてなしを提供することです。原点に帰り、間違いないお店を作りましょう。人間は思考の通りになる、つまり、思った通りになるということ。高みを目指せばそうなるし、妥協すればそうなります。お店も、人も、同じです。あなたがイケてる人間となれば、自ずと道は拓けてきます。自分自身の価値観をどれだけ押し広げ、表現することができるか。固定概念は敵。僕はこんな時代にも合った、新しい生き方や楽しみを見つけようと思います。」

ということで、終わりたいと思います。

里見
ありがとうございました!これは本当に行かなければいけないですね!

山根
最近、一棟貸切宿ができましたので、座布団を温めて待っていますよ。

以上、山根 浩揮さんへのインタビューは完結となります。コロナをネガティブに捉えるのではなく、逆にチャンスと捉えることこそが、地域というコミュニティを元気にする重要なポイントなんだと、改めて気づかされましたね。

ワーケーションをしていると、こんな出会いがたくさんあります。本記事をご覧になって「実際にワーケーションをしてみたくなった」という方は、ぜひご連絡いただければと思います!

***

Local Share Clubではこのような、地域に寄り添ったICTプロジェクトを多数ご紹介しているので、ぜひnoteのフォローをお願いします。

今回の内容について、ぜひ皆さまからのご意見もお待ちしております!

よろしければアンケートにご協力いただけますと幸いです。

お問い合わせはこちら

***

【経営者こそ知って欲しい イマドキの働き方改革】


この記事が参加している募集

この街がすき

リモートワークの日常

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
LOCAL SHARE CLUB
地域創生に関わる私たちNTT東日本が取り組んでいる事例、インタビューや対談、過去から学べる失敗談、各領域の専門家からの知見提供など多様な内容をお送りします。皆様と一緒にコミュニティとして考えていけると嬉しいです。https://www.ntt-east.co.jp/social/